部屋の物を捨てる断捨離を実践してみた!効果やその後の人生の変化!

 

小さな幸せを増やすことを楽しんでいる管理人のユリです。

私は物を捨てることが苦手です。部屋を片付けるのですが何日か経つといつものように散らかっていました。物を捨てるときに必ず襲ってくるのは、”これは使うかもな~””これは思い入れがあるからな~”という感情でした。

 

でもそれを捨てることができないので、いつまで経っても部屋が綺麗になることはありませんでした。

 

私はいつも部屋を綺麗にした気でいました。ただ、物の配置を変えてみたり少しだけ物を捨ててみたり。捨てたときはスッキリしますが、また後から”散らかってるな~””片付けるの下手くそだな~”と後悔をする日々が続いていくのですが・・・

 

そんな私の前にとある本が置いてあるのでした・・・

 

私の人生を変えた本との出会い

 

私は、去年から歯医者さんへと通っています。夜中に突然、歯が痛みだして歯医者さんへと駆け込むのでした。その歯医者さんにある本が置いてありました。

 

その本を読んだとき・・・

物を捨てるって、いいことなんだ♪”

と思いました。

 

私は、物を捨てるとき一種の罪悪感みたいなものを感じていました。物を捨てるときにマイナスな観点から捨てていたことに気付きました。だいたいがマイナス思考なので自分でも気づきませんでした・・・

 

”いらないから捨てよう!”

”必要ないから、捨てよう”

と思って捨てていました。

 

確かに『いらないから捨てる』というのは間違ってないんですよね。でも、捨てられる物からしたら迷惑な話ですよね。必要だと思って買ってもらったはずなのに、その人から”お前はいらない”って言われるんですから。”なんで買ったんだ”と言われても仕方ないはずです。

 

その本に書かれていたのは・・・

物を捨てるときは、感謝をしながら捨てる

というもの。

 

これは、私のなかには全くないものでした。物にも魂が宿っている。だから、”今までありがとう、またいつか戻ってきてね。”と感謝を込めて送り出してあげる。すると、また別の形となって恩返しをしてくれます。物にもきっと感情はあるはずですからね。

 

今まで物を捨てるということは、作業となっていましたが物を捨てるのが楽しくなったんですよね。この感情の変化はとても大きいものでした♪

 

 

近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』という本です♪♪

 

読むのが随分と遅くなってしまいましたが、ベストセラーになる本ってやっぱり一度は読んでおくのがいいなと感じました。たまたま、歯医者さんに置いてあって何気なく取った本だったのですがあのときの私にはピッタリだったのです。

 

私は、あのとき全てのことが上手くいっていませんでした。何をするにしても周りの目が気になっていつまで経っても行動することができずにいました。物を捨てていても、”どこか違うな””何かが違う…”と感じていたんです。一瞬にして私の前が明るくなった感覚でした。

 

私を変えたある人物との出会い

 

私は、本によって捨てることへの考え方を変えられたのですが、とある人物との出会いが一番大きかったように思います。その人とは、現在の彼氏でした。

 

私の彼氏の家へ行ったときのことを今でも鮮明に覚えています。

 

部屋へと入った瞬間、、、”物が全くない”と思いました。机の上にもなにもない状態。私の部屋が基準になっていたので驚きました。なんだかどこかのモデルルームへと入った感覚に似ていました。

 

私の彼氏は、物を購入する際はかなり考えてから買うのだそうです。本当に必要なものかどうか・・・そして、長く使えるものなのかどうか・・・たくさんの商品を見まわしながらきめるのだと言っていました。

 

物を捨てた次に必要なことは・・・

本当に必要なものだけを自分の周りに揃えていく

ことなんだと思います。

 

私は、決心をしました。本当に必要なものだけを残して、あとは全部手放そう!・・・と。その後の私の変化についてお話をしていきます。

 

物を捨てたことによってスペースが生まれた!

 

私は、部屋のクローゼットやたんすを開けてどんどん手放していきました。ときには、”これはいつか着るかもしれないな…”と迷った洋服もありましたが、”いや、また次にもっといい物になって帰って来てもらおう”と思い、捨てていきました。

 

部屋のなかがみるみるうちに綺麗になっていき、たんすやクローゼットにスペースが生まれていました。スペースが生まれてくると、なぜだか分からないのですが嬉しくなってきたんです。

 

物がないって気持ちがいい~♡♡

 

初めてそう思いました。今までは、物がたくさんあった方が落ち着く~と思っていたのですが、今は物があればあるほど自分の心の中に色んないらないものが溜まっているな~と感じるようになってきました。

 

物を捨てた私の元には何も残りませんでした。でも、心が軽くなりまた新たにスタートを切れたように思います。

 

手放したことによって失ったこともあるかもしれません。でも、私は決めました。次に物を買うときは、”本当に自分の好きなものを自分の周りに集めよう”と。

 

現在は、あまり物を買うことが少なくなりました。だって、物が増えるってことはそれだけスペースがなくなっていくということですからね。でも、本当に大好きなものは考えてから購入していますよ~!

 

自分の好きなものが増えるということは・・・

 

小さな幸せに囲まれながら安心して暮らせる

 

ということに他ならないのですから。

 

物を捨てるってなかなか、できることではないと思います。でも、それができるようになるとだんだんと変化してきます。私は、スペースが生まれたことによって心にゆとりができましたし、何より無駄なものを所有するストレスから解放されました。

 

物を持っているから悪いとか、物が少ないからいいとかいうのではなく、自分がいちばん心地よく幸せでいられたらそれがなににもかえがたいギフトなのではないでしょうか。私は、物を捨てるということが自分に合っていたようです。

 

みなさまも、自分に合った幸せが見つかることを祈っています。
文章を読んで頂き感謝します。
【writer ユリ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください