他人(友人)の成功に嫉妬する原因は?喜べない自分が大嫌いな私の経験

 

小さな幸せを増やすことを楽しんでいる管理人のユリです。

友人が成功した…他人が活躍をしている姿を見て喜べない。本当は祝福をしたい気持ちがあるのに嫉妬・嫉妬・嫉妬の嵐で友人の成功を素直に喜べないってことありますよね。

 

私はよくあります。どうしてあの人だけ?どうして?どうして?と心の中が薄汚れていきます。本当のところ、”いいな”って思えてないのに表面だけで「いいね~!」と言ってしまう、そんな自分すらも嫌になります。

どうして他人の成功を素直に喜べないのでしょうか。

 

友人(他人)の成功を喜べない

 

自分と同じくらいのレベルだと思っていたのに、突然相手が成功したなんて話はよくありますよね。自分の方が頑張って就職活動して面接も受けているのに、友人は1回の面接で受かったり・・・。

自分の方がこのプロジェクトにかけてきた想いが強いはずなのに、賞賛されるのは自分ではなく他の人の案だったり・・・。

 

どうして報われないの?

どうして私じゃないの?

どうして・・・どうして?

と、心の中が汚れていきます。

 

目の前で、「上司から褒められたり、顧客からも満足の声があがっててさ~。対応するのも追いつかないくらいヤバかったよ。」なんて、軽く自慢をされると更に心の中の嫉妬心に拍車がかかります。

でも”嫉妬はいけない!なんとか相手の成功を喜ばねば!!”と必死に思います。

 

思えば思うほどに嫉妬の心が益々増えていく・・・。そんな堂々巡りになって、そんな自分が嫌いになっていきます。

”他人の成功を喜べない私って最悪じゃん。””私がやっていることってきっと意味のないことなんだろうな”と自分が今やっていることに対してもやる気がなくなっていきます。

 

喜びたいけど喜べない。喜べない自分は最低な人間だ。もう心も体も頭もぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

友人(他人)の成功を喜べず嫉妬する原因

 

今、心の中が薄汚れていて自分で自分のことが嫌になっていますよね。誰も喜んで他人のことを妬んだりはしません。素直に喜べるんだったら喜びたいです。でもそれができずに困っているんです。

まずは・・・

 

嫉妬している自分に気付いてあげることから始めてみましょう。

 

そう、あなたは嫉妬をしています。悔しいですよね?今まで自分が積み重ねてきたことと相手の努力を比べたら自分の方が百倍努力して悩み苦しんできた…なのに、なんでアイツだけってムカついていませんか。

嫉妬している自分を真正面から見てあげてください。

 

「私は嫉妬している。」

「悔しいと思っている。」

「私は、アイツより出来るはずなのに。」

「アイツより知っているはずなのに。」

色んな想いが浮かんできますよね。それを全部1つ1つ聞いていきます。

 

言葉の裏を返せば、

「嫉妬する自分が嫌い。」

「アイツよりできない自分がいる。」

「アイツより知らない自分を見るのが嫌。」

自分のできない部分が明白になります。

 

私の頭の中は勝手に、「お前は才能も知識も何もないクズ人間。」と言われているような感覚に陥っていました。自分の中で、”自分にはそんな力はない。成功するはずがない。”と思ってしまっている証拠でした。

すこし私の奥深くの想いを見ていきましょう。

 

私の場合、

友人が成功する。→なんで私の方が頑張っているのに。→悔しい、ムカつく。あ~もう!!→あ~また嫉妬してるよ、私って最低。→最低…最低…。→私なんて成功しないよ。→やっぱりね。→また1人か。

 

私は遠い昔から「大切な人は離れ、独りぼっちになる(捨てられる)」という信念を持ち続けています。私が辿り着くのは結局、この心理・考え方なんですよね。

私の奥底の心理を辿っていくと、独りぼっちになる恐怖が隠れていることが分かります。

 

私の嫉妬心の原因は、

他の人が成功することによって、自分とは世界が違う存在となり、独りぼっちになってしまう恐怖を味わうことが嫌だから。

でした。

 

成功を喜ぶと、それは必然的に「自分は1人だよ。また独りぼっちになるよ。」という恐怖を味わうことになるんです。それはそれは怖いし、できれば味わいたくないですよね。

 

あなたに必要なこと

 

寂しさだったり・認めてほしい・褒めて欲しい・もっと自分を見て欲しいという想いが隠れています。

 

そして、気付いてきます。

あ~自分も成功したいんだ。

と。

 

成功している自分はどんなイメージですか?あれ?もしかして”自分は絶対に成功しない”って思いこんでいませんか。大丈夫です。友達の成功に嫉妬するってことは、羨ましいって思うことはあなたも同じステージに立てる要素を持ち合わせているってことですから。

 

自分とは関係のない興味のないことに人は嫉妬なんてしません。「勝手にやっていれば~??」と思います。自分もそこにいける、それ以上の素質を持っているとしたら?

ちょっとは、嫉妬もいいなって思いませんか。

 

嫉妬を無くそう無くそうとするのでなく、嫉妬と付き合いながら「あ~また言ってるよ。どうしたの?あなたも時期そこに行けるからね。大丈夫!私はできる。」と思ったら楽になりませんか。

 

私が今現在ハマっているDJ集団がいます。その歌詞の一節に

俺ならできる、俺ならできる、俺には俺がついている。

ってあるんですよね。

 

これって凄い自信だと思いませんか。普段のあなたの頑張りは無駄なものなのでしょうか。誰の役にも立っていないのでしょうか。目に見えないので分かりにくいかもしれませんが、必ず誰かの役に立っています。

いいじゃないですか、嫉妬しても妬んでも。それも含めてあなたなのですから。

 

劣等感の塊でどうしようもなくなるときもあります。悔しいって思っているのなら、きっとあなた自身は自分のことを少しは「できる」って思っていませんか。

「少なくとも他の人よりはできるはず!」と。

 

それならあとあなたに必要なのは、

自信を持つこと、そして、自分を信じることです。

 

怖いですよね。自分を信じるなんて。ちっぽけでネガティブな私に何ができる?って…何もできないんじゃないか、あの人みたいにはなれないんじゃないかって思いますよね。

でも、成功は「運」も1つの要素としてあります。

 

たくさん頑張って頑張って頑張ったからといって必ず成功するわけではありません。でも、あなたは一生懸命に努力をしました。それでいいじゃないですか。できなかったらできなかったで、また別の方法や道が見えてくるはずです。

 

もう、他の人にすがって人のせいにするのはやめて自分の人生は自分で背負いましょう。あなたにはその覚悟が必要です。その覚悟ができたときから運命の流れは変わるのかもしれません。

 

まとめ

 

まずは、自分のことを理解していきましょう。案外、自分のことって分からないことの方が多いですから。そんなに急ぐ必要はありません。気付いたときから変化は始まっています。

経験を積み重ねる中で、頭だけの理解から身体へそして自然とできるようになっていきます。

 

ただ、”私はこういう人だから。””私はこういう性格だから仕方ない、理解できないあなたが(社会が上司が)悪い。”と思って開き直らずに、ダメなところは認め改善していく努力をしましょう。

 

人生は、1つ1つの出来事が学びの連続です。本当の自分、弱い自分を見るのは辛いですが、その先には大きなギフトが待っています。コツコツゆる~く進んでいけたらいいですよね。

悪口や愚痴を言わない方法!私が実践して効果が出たおすすめを紹介!

 

最後まで読んで頂き感謝します。

writer ユリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください