強がって誰にも頼れない!相手にばかり求める自分をやめたい私の挑戦

 

小さな幸せを増やすことを楽しんでいる管理人のユリです。

寂しいって感じるときがある。なんて表現したらいいんだろう?誰かが隣にいてくれるのに、ずっと側に居てくれているのになぜか満たされないし、寂しい気分になるときがあります。

なんでなんだろう?

 

強がりで、本音を言うのが苦手なわたし。

 

私は普段とても強がりです。人に弱みを見られることが大嫌いです。でも、誰かに気づいて欲しいと思っている構ってちゃんでもあります。

じゃあ、最初から「構って♡」と言えば解決するじゃん!と思いますよね?

 

私も思います。ですが、強がりでプライドの高い私には口が裂けても言えません。だって言っちゃったらホントの自分がバレちゃうから。

弱くてどうしようもないくらい小さい私がいることを他の人に知られるのだけは避けたい、、、。私にとって苦痛なことなんです。

 

そう、私は本音を言うのが大の苦手です。誰にも触れられたくないって思っちゃいます。ホントは、ただ気づいて欲しいだけなのに強がります。

いつもいつも「して欲しい」という想いが強い人間でした。

 

ただの強がり、でも頼れない。

 

身近に居てくれる人が、気づいてくれたらそれはそれは最高なことです。でもそんなに上手くいきません。上手くいくはずないんですよ。相手には相手の時間があります。

四六時中、人の事を構っていられません。

 

時間は永遠ではないですし、1日24時間と決まっています。人に頼れないならどうすればいいのか、、、。でも内心は、誰かに頼りたくて聞いてほしくてたまりません。

 

相手に求めすぎると、いつもいつも相手のせいにばかりして相手を責めて責めて責めまくることになります。相手は、”は?なんでお前ばかり自分の欲求を押し付けるんだよ!”とケンカの原因にもなります。

相手の状態を確認もせずに自分の欲求ばかりを通しすぎると、相手が段々とそっぽを向くようになります。

 

そうなると強がりの自分は益々、”誰にも頼れない…もっと強くならなくては…”と変な方向へと進んでいっていました。でも、自分からは言えないので益々相手に対して不満も溜まっていくわけです。

 

どうして、気付いてくれないの?と。相手は、ずっと私を見ていてくれるわけではないので、当然なのですがそんな状況のときは、私は自分のことしか見えてないので考える余裕もありません。

相手ばかり求めてしまうそんなときは・・・

 

相手にばかり求めすぎる自分をやめたい【私の挑戦】

 

相手にばかり求めすぎていて、”ヤバいな”と感じたとき私は、紙とペンを取りだします。

 

 

この真っ白な紙に自分の想いを書き殴ります。書いて書いて書きまくります。今の感情や思っていることの全てを書いて書いて書き続けます。そうすると、自分の真意が段々と見えてきます。

 

その中で、

本当はどうしたい?

とずっと聞いてあげながら、、、。

 

気持ちが段々と楽になっていきます。最初は自分のくだらない想いが続いていきますが、「あ、本当はこう思ってたんだ💡な~んだ原因はコレだったのか。」と段々と自分の本当の想いが分かってきます。

本当は自分が自分自身のことを分かっていないんだなと思い知らされます。

 

寂しいと思っていたのは、自分の想いが伝わらなかっただけなのかもしれないし、自分はこれだけ苦労しているから褒めて欲しい!と思っているだけだったり…。

ココで気付く方は気付くと思います。

 

あれ?コレって私が解決できるじゃん^^💡と。

 

まずは自分で自分を満たしましょう💡自分で自分を満たすって本当に大事です!!!!

 

だって寂しいって感じているのに自分は、「私は1人でも生きていけるし!」「誰にも頼らずに生活できるもん」とおかしい方向に進むことになります。

寂しいなら素直に”寂しいんだね。ヨシヨシ🙂💕”と気付いてあげることです!!!!

 

次に、

どうしてほしい?

と聞いたら

 

”頭を撫でて欲しい”と言ってくるかもしれないし、”ギューッてして欲しい”と言ってくるかもしれません。まずは、そんな自分を受け入れて抱きしめてみます。

 

本当は、自分自身が一番自分を大事にしないといけないのに、二の次三の次となってしまっていることに気付いていきましょう🌟

意外と悩み事の大半は、自分で解決できちゃいます😊💡

 

人に頼ってしまうと上手くいかなかったときに、”あ、あの人に言われたから・・・”と相手のせいにします。そうなると自分の人生であるはずなのに誰の人生を生きているのかが段々と分からなくなります。

自分の一番の理解者は、自分であるように努めましょう🙂

 

相手がしてくれない!と感じていることは、実は自分が自分にしてあげていないってことたくさんあります。構って欲しいなら、正直に言いましょう^^

強がって、”別に寂しくないから。”なんて言わないでくださいね💡

 

自分の心と行動が違っていることに違和感を覚えて、ずっと引っかかり続けますから。もっともっと、自分の想いを聞いてあげてください。我慢をせずに、思う存分満たしてください。

自分で自分を喜ばせることができたなら、必ず相手のことを喜ばせたいと自然に思います。

 

まずは、自分の本音・心の声に耳を傾けましょう。最初は小さくて聞こえないかもしれません。ですが、1つ1つ丁寧に聞いていきます。自分の話を聞けていない人が相手の話なんて聞けるはずがありません。

 

自分がどう感じ・何を考え・今、どうしたいのか。

 

優先させていきましょう。強がっていたのは、話を聞いてもらえなかった過去の自分かもしれませんから。自分を救えるのは自分しかいません。自分に優しく接しましょう💡

 

まとめ

 

私もまだまだ自分を責めて、相手を責めてしまいます。日々、”あ!”と気付きながら修正をしています。分からなくなったらまた、紙とペンを取りだして・・・の繰り返しです。

日々、目の前の現実は変わっていきます。それを楽しみながら問題が起きたらその都度立ち止まってみるというのも新たな発見があって面白いです◎

 

強がって誰にも頼れない方は、周りを良く見て周りに合わせながら行動をしている方がほとんどだと思います。常に相手軸で動いているんです。

でもそうしていると、段々と自分の本音が見えづらくなります。

 

たまには、相手を優先するのでなく自分を優先してみましょう。”○○してくれない!!!!”のは、相手ではなく実は自分自身なのかもしれません。

 

最後まで読んで頂き感謝します。

writer ユリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください