wpxからエックスサーバーへサーバー移転しました【移転方法の備忘録】

 

小さな幸せを増やすことを楽しんでいる管理人のユリです。

私は今までwpxのサーバーを利用していました。色々と調べているとエックスサーバーがいいのでは!?と答えが出たので乗り変えました^^

 

やっと自分のパソコンに移動が終わりました。結構、時間がかかりました。パソコンのスペックが低いからなのでしょうか…。5分で終わらずに2時間ほどかかりました…😱😱

1つのサイトは画像が崩れてしまうし、移転ができない記事がたくさんあったので1つだけwpxで運用することに決めました。

 

他に持っていた4つほどのブログを移転させました。いや~大変でした💦

もしまた移転させることがあるかもしれないので私のために【備忘録】として残しておきます。サラッと書いているので分かりにくいので参考にならないです…😢

 

エックスサーバーに登録

 

エックスサーバーに登録をします^^

 

 

まずは、エックスサーバーへログインします。サーバーパネルボタンをクリック!

 

 

ドメイン設定をクリックします。ドメイン追加のタブをクリックして移転のドメインを追加します。

 

 

エックスサーバーのワードプレスをインストール

 

続いては、左のバーのWordPressの欄から”WordPress簡単インストール”を探してクリックします。

 

 

インストールしたいドメイン名を選択します。右のタブプログラムのインストールをクリック。

 

 

インストール設定をクリックして必要情報を入力していきます。全て入力したら”インストール(確認)”をクリック。

 

 

MySQLデータベース名/MySQLユーザ名/MySQLパスワードは非常に重要なのでメモしておきます。

そして、”インストール(確定)”をクリックします。

 

確定をしたあとの画面にも出てくるので必ずメモをして忘れないようにします。

 

 

続いては、データベース作成を行っていきます。左のバーのデータベースのMySQL設定をクリックします。

 

 

タブのMySQL追加をクリックし、自分の分かる文字列で入力をします。サイト名の一部を入れていると後々サイトを増やしていく際に分かりやすいと思います。

 

MySQL追加(確認)をクリックします。問題がなければ、”MySQLデータベース追加(確定)”をクリックします。MySQL設定画面に戻り、タブのMySQLユーザ追加を選びます。

 

 

自分の分かるものを設定します。先ほどと同じでもいいですし、少し変えてもどちらでもいいです◎私は、同じにしました^^ただ、5文字と制限があったので縮めましたが…。

MySQLユーザの追加(確認)をクリックします。問題がなければ、MySQLユーザの追加(確定)を押します。

 

MySQL設定に戻り、MySQL一覧のタブをクリックすると先ほど自分が追加したものが出てきています。データベースに先ほどMySQL追加で追加した文字列のものを見つけましょう。

 

 

そして、先ほどMySQLユーザ追加で追加したものを追加したいので、それを選び追加を選択します。そうすると、MySQLデータベースへのアクセス権の追加が完了です。

 

そして、MySQL設定の一番下にある表のMySQL5.7 ホスト名をメモしておきます。

データベースは、MySQL追加/ユーザは、MySQLユーザ追加したものをそれぞれメモしておきます。

 

データベースの移行

 

次にデータベースの移行を行っていきます。

 

今度は、下のphpmyadmin(MySQL5.7)をクリックします。すると、ユーザ名とパスワードを入力する項目が出てくるので、ワードプレスをインストールした際のMySQLデータベースとパスワードを入力します。

 

 

 

なにやら見たことのない画面が!!

左側の下の段をクリックします。すると、左側にメニューが表示されます。タブの”インポート”をクリックします。

 

 

上を選び、ファイルを選択をクリックしてwpxでダウンロードしたSQLファイルを指定し、実行します。

 

インポートが正常に完了したら成功です^^

 

wpxのデータをインポートする

 

wpx側のデータをインポートします。wpxへログインし、データベース管理のバックアップをクリックします。

 

 

データベースのバックアップ(エクスポート・インポート)

■エクスポート(バックアップ)へいきます。

 

圧縮なし(SQLファイル)にチェックを入れ、エクスポート実行をクリックします。クリックするとダウンロードが開始され、”自分のサイト名.com.WordPress.0000-00-00.sql”のファイルがダウンロードされます。

 

次に、FTP設定をONにします。設定をクリック。

 

 

全てのファイル・フォルダにアクセスする。国外IPからのアクセスを制限する。に☑チェックを入れます。そして設定変更をクリックします。問題なければ確定します。

アカウント名/ホスト名/パスワードをメモしておきます。

 

FileZillaへとアクセスする。ファイル→サイトマネージャー→FTPアカウント・ホスト名・パスワードを入力し、ログイン。

 

 

 

アカウント名とホスト名、パスワードを入力し、接続をクリックしましょう。

 

 

サーバーの証明書は不明です。・・・という表示がされますが、☑今後も常にこの証明書を常に信用するにチェックを入れ、OKをクリックしFileZillaへログインします。

 

そしてwpxの情報が右側に入っているのでそれを左側の自分のパソコンへとデータを移動させます。

 

 

ドラッグして移動させます。私は、デスクトップへと移動させました^^

 

 

↑こういったものが表示されますが、気にせず上書きしました♪

 

ワードプレスファイルの移行

 

さていよいよ、ワードプレスファイルの移行を行います。

まずは、エックスサーバーにFTPアカウントを追加していきます。サーバーパネルにログインします。

 

 

FTPアカウント設定をクリックします。自分の追加したいドメインを選択します。タブのFTP追加をクリック。

 

 

自分の好きな文字列で入力していきます。FTPアカウントの作成(確認)をクリックします。

 

 

問題がなければ、FTPアカウントの作成(確定)をクリックします。そして、タブのFTPソフト設定に表示されているのがFile Zillaにログインするために必要な情報になりますのでメモしておきます。

 

File Zillaにログインするために必要な情報をメモしたら、File Zillaへログインします。

 

 

  • ホスト
  • プロトコル:FTR-ファイル転送プロトコル
  • 暗号化:明示的なFTP over TLS が必要
  • ログオンの種類:通常
  • ユーザー
  • パスワード

以上を入力して、接続をクリックしログインします。

 

自分のデスクトップからエックスサーバーのFTPへとファイルを転送させます。

現在、自分のパソコン上にあるデータをエックスサーバーへ移したいのでFile Zillaにログインします。

public_htmlに全てのデータを移行させたいので、ファイルを探します。見つけたら、

  • index.html
  • default_page.png

2つが存在していますので、まず削除します。

 

デスクトップから1つ1つドラッグして右側のpublic_htmlへ転送します。

 

こちらの記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

参考 簡単!?サーバー移行方法!Xサーバーへwordpressをお引越し【移転先での設定編】ニコニコ^‐^ちびちゃん

 

私のサイトの場合、何かの不具合で画像がことごとく転送できませんでした。次の日に試してみるとすんなり転送できました^^

転送できなかった場合は、1日おいてみることも必要ではないかと思います!

 

wp-config-sample.phpの内容を書き換える

 

エックスサーバーのファイルマネジャにログインします。自分の移転させたいサイトのURLをクリックし、内部に入ります。public_htmlを見つけ出し、またクリックし内部に入ります。

wp-config-sample.phpを見つけ、左のチェックボックスに☑チェックを入れ、右上の編集をクリックします。

 

ここにエックスサーバーのMySQL一覧(データベース)、MySQL一覧のユーザ、MySQL一覧の下にあるMySQL5.7がホスト名になります。

 

 

入力したら編集をクリックします。

 

動作確認をしましょう。動作確認をしたいドメインを追加します。ファイルが正しく転送されていれば、エックスサーバーの動作確認URL先で見たときにサイトが表示されます。

 

 

ネームサーバーの変更

 

動作確認が取れたら、いよいよネームサーバーの変更を行っていきます。私の場合は、お名前ドットコムでドメインを取得しているので、お名前ドットコムへとログインします。

ドメイン一覧からネームサーバーの変更をしたいドメインを選び詳細ページに入ります。

 

その他のネームサーバーを選び、入力していきます。

 

行を追加して入力します。

エックスサーバーのネームサーバーは・・・

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

となってます。

 

 

ちょっとドキドキしますが確認ボタンをクリックし、問題なければOKをクリックします。ネームサーバーを変更したら続いて、SSL設定をしていきます。

 

SSL設定

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、ドメイン→SSL設定を選択します。

 

 

該当するドメインを選択し、タブの独自SSL設定の追加をクリック。ドメインを指定して、”独自SSLを追加する(確定)”を選びます。

 

 

完了すると・・・

 

 

完了画面が出てきます。後は、ひたすら反映されるのを待ちます。反映されたら成功です✨お疲れさまでした^^

 

まとめ

 

サイトを移転させて、ネームサーバーを変更して待っている間が居心地悪かったです😖💦待っている時間というのが本当にドキドキしました。表示されなかったら終わりですからね・・・。

私は、4回も自分のサイトを移転させたのですがこの表示されるまでの時間はなんとも言えず、そわそわしましたね~😱✨

 

1つだけ移転ができなかったのは残念ですが、1つのサーバーに依存するのもよくないので今回の移転失敗は良しとします!!

なかなか、wpxからエックスサーバーへのサーバー移転の情報が少なかったので移動できるのか心配でしたがなんとか成功しました💡

 

私用のメモなので分かりにくいかもしれません😣💦

最後まで読んで頂き感謝します。

writer ユリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください