自分が嫌いで好きになれない!自分嫌いな私が自分を好きになった方法!

 

小さな幸せを増やすことを楽しんでいる管理人のゆりです。

突然ですが、あなたは自分のことが好きですか?私の答えは、ノーです。自分のことが嫌いで嫌いで仕方がない。自分なんて存在しない方がいいのではないか・・・と考えたことすらありました。

自分を責め続けてもなにもいいことはないと分かっているのですがどうしようもありませんでした。

 

自分のことが嫌いだと必然的に自分の短所、つまり嫌な部分が多く見えていきます。そして、周りに対する見方も歪んだものになってしまいます。

相手が成功しているのを喜べない、友達が幸せになることが許せない…など。

 

頭では分かっているんです。このままではダメだ!なんとかしなければ!でも、やり方や方法が全くと言っていいほど思い浮かびません。私は、ずっとネットサーフィンを続けていました。なんとなくの答えはあるのですがどうもしっくりきません。

 

私は、2015年から自分の殻を破るために行動を起こし始めました。普段なら絶対に行かないような場所へ出掛けたり、自己啓発に真剣に取り組んでいきます。その経験を交えながら自分を好きになる方法を見ていきましょう!

 

自分が嫌いで短所しか見えない

 

私は小さいころから自分のことが嫌いでした。素直じゃないし、意地っ張りでひねくれた性格をしていたので、友達も少なかったですし、親からも諦められていました。

どうしても自分のことが好きになれなかったのです。小学生のころはそれで問題がなかったのですが、大きくなるにつれてそれが大変な事態を起こしていくのでした。

 

私が最初に引っかかったのは、就職をするときです。それでに何もなかったわけではないのですが、就職活動をしているときに苦労をしたんですよね。

 

 

就職活動を始めると履歴書を書きます。そして、面接の練習をする。面接の練習の際に必要になる質問に対する答えのカンペを考えるのですが・・・

 

自分の長所(いいところ)が全然思いつかない!短所(悪いところ)が想像以上に多い!

 

という問題にぶち当たるのでした(汗)

 

だから私は、ネットで答えを探しまくりました。以前の私が答えていたのは、”長所は、集中力があるところ。短所は、一つのことにしか注意を向けられない。”なんて言っていました。嘘ではないですが、イマイチ私がどういった人間なのかは伝わってきませんよね。

 

自分の短所しか思いつかなかった私は、ある人と出会ってそれが一変するのでした。

 

コインの表と裏って知ってる?

 

私は、2015年から行動の範囲を広げたのでそれに伴って色んな人と出会うことになります。出会う人たちはみなさんポジティブでマイナスな言葉は一切使わない人たちでした。

何かをしようかなと迷っていても、”それいいじゃん””素晴らしいと思うよ”と勇気をくれる言葉を投げかけてくれました。

 

私が今までに出会ったことがない人たちがたくさんいたのです。その内の一人にミキさんがいました。ミキさんは、会社の社長をされていて”自分の周りを絆でつないでいくことが私の幸せなの♪”と笑顔で語ってくれる女性でした。

そんなミキさんと食事をしていたときのことでした。

 

ミキさんが、”ユリちゃん、紙とペンを持ってる?”と聞かれたので私は、バッグから紙とペンを取りだすのでした。みなさん!紙とペンは持ち歩いているといいことがあるかもしれませんよ~(笑)

 

そして、”自分の長所を15秒で書いてくれる?”と言われました。ミキさんは、スマホを取りだしストップウォッチで計りだします。突然だったので焦りましたよ(汗)結局、3つくらいしか書けませんでした。

次に、”今度は、短所を15秒で書いてね。”と言われた私。

 

よっしゃ~!!きたぁ~!!と思い(笑)ペンを走らせました。15秒で書いた短所は、8つほど。やっぱり、短所しかないや~ん(泣)と思う私にミキさんは・・・

 

”ユリちゃん、コインには表と裏があるんだよ。ユリちゃんが書いてくれた短所を長所に変えるとしたらどう表現する?考えてごらん。”

 

私は、短所を長所に置き換えてみることにしたのです。私が一番嫌いな自分の短所は、短気なところでした。結構な確率でキレるしイライラもしやすいんですよね。どうしても好きになれない短所でした。

私が短所である短気なところを言い変えて、長所に変えたのは・・・行動力がある

 

短所を長所に書き終えた私にミキさんは・・・

 

”コインの表側が長所、裏側が短所だとするよね。そうすると、短所が嫌いだと言って消そうとしたりなおそうとしたりすると、表側にあった長所もなくなることになるんだよ。だから、短気っていう短所をなおす必要はないんだよ。”

 

私のなかで何かが変わった瞬間でした。私は、ミキさんにアドバイスをされてから最大の欠点である短気を好きになることができました♪♪心が軽くなりました♡

短所がなくなれば必然的に長所もなくなってしまう。だから、自分は短気なんだ…でも行動力があるのもこの短所のお陰なんだ。と感謝をすることができるようになります。

 

自分のいいところを見つけることができると今度は、人のいいところが見えてくるようになります。そして、もう一人の方との出会いも大きかったように思います。

 

自分を好きになる魔法の言葉

 

私は、自分が嫌いで嫌いで仕方なかったので鏡を見ることすらも嫌でした。そんなときに友人と話をしているときに言葉の話になりました。そして、ある人を紹介されたのでした。

私が紹介されたのは、スピリチュアル系の女性のミカさんでした。

 

ミカさんとは電話でお話をさせて頂きました。とてもポジティブな方で話しているだけでパワーをもらうことができました♪とても、不思議なオーラを持った人だなと感じました。

一通り話し終えて最後の方にミカさんは・・・

 

自分の発する言葉には気を付けてくださいね。それが現実になりますから。”

 

私は、『引き寄せの法則』という言葉を知っていたので頭では分かっているつもりでした。でも、実際にはできていなかったのです。電話中に私は、ネガティブな発言を多くしていたのをミカさんは見逃しませんでした。

>> 引き寄せの法則についてもっと知りたい方は・・・

 

ミカさんは具体的な方法を教えてくださいました。

  • 鏡に向かって、”かわいいね””大好きだよ”と言う。
  • 些細なことでも自分を褒めてあげる。
  • なるべく悪口は言わないようにする。

 

ミカさん曰く、”もし人に『かわいい』と言われたいならまずは、自分に先に言ってあげることが大切”なのだそうです。そうでないと、いつまで経っても誰も言ってくれません。

 

私は、鏡に向かって”かわいいね””だぁ~い好き♡”と言う練習をしました。最初は、本気で恥ずかしかったですよ!!気持ち悪いな~と思いながらも…誰もいないときに必死に笑顔で自分に語りかけていきました。

 

すると・・・働いているお店に来てくれる人から”かわいいね。””素敵だね。”と言われる機会が増えていきました。今では、それが当たり前になっています♪♪

 

最初は、嘘でもいいんですよね。言っているうちに脳が勝手に情報を書き換えてくれます。脳は、もっと深く言えば潜在意識さんに響くように何回も繰り返し繰り返し言ってあげることで、情報を上書きすることができるんです。

自分に不必要なことをインプットするのをやめてみて、本当に必要なことを選び直すことが大事なのではと思います。

 

本当に自分が言われたい言葉を最初に自分に言ってあげると、周りも言ってくれるようになります。まずは、自分を信じて言葉掛けを変えてみることから始めてみると人生が変わり始めるのかもしれません。

可愛いと言われた事がない私が「可愛い」と言われるようになった実体験

 

文章を読んで頂き感謝します。
【writer ユリ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください